今までExcelだけで、プログラミングをしたこと無い方はRの画面は非常にとっつきにくいです。そのためRコマンダー(EZRや改変Rコマンダー)は初めて統計を行う方におすすめのソフトです。しかし使いやすいと言っても初めて見るとよくわからないのが正直なところだと思います(自分がそうでした)。

今回はRの基本的な画面の説明を行います!


Rコマンダーの基本的な画面
スクリーンショット 2018-12-16 13.46.04


メニューバー
ここでエクセルデータの読み込み、統計、グラフや表の作成などほとんどの操作を行います。

そしてRコマンダーと改変Rコマンダー、EZRはメニューの位置が微妙に違います。


スクリプトウィンドウ

メニューバーで行った操作を行うとここに自動的にプログラムが書き込まれ、下の出力に結果が出てきます。

このスクリプトウィンドウを保存しておくと、再度同じ統計を実行することができます。

またスクリプトウィンドウに自分でプログラムを書くことができますが、正直RStudioの方が使いやすいです。


RStudioとの比較


スクリーンショット 2018-12-16 13.46.17

細かい事を言うと機能は違うのですが、画面としては上段のスクリプトウインドウと下に結果が出てくるという似た構図になります。

違いとしてはRStudioでプログラムを書くのに対し、Rコマンダーではメニューで統計を選択するのでスクリプトウインドウをあまり使わないところでしょうか。

加えてRStudioの右側にあるEnvironmentビューやFilesビュー、Plotsビュー、パッケージビューがRコマンダーにはありませんが、操作ができないというわけではありません。


スクリプトウインドウの別の使い方

メニューで統計をしてしまうのでスクリプトウインドウを使う場面は少ないのですが、別の使い方もできます。

それはRコマンダーで出てきたプログラムを読んで勉強するです。

決して見やすくないのと、ある程度慣れないと英語ばかりで何のことかわからないのですが、EZRとRStudioを両方使いしている時はEZRで行って出たプログラムを見て勉強することもできなくはありません。


まとめ


今回はRコマンダーの画面の説明を行いました。前回のRStudioの説明と併せて自分にあうソフトを選んでください。


次回はRStudioの便利な機能の1つであるプロジェクトについて紹介します。



全ての記事一覧は以下になります。